フィットネス

『有酸素運動VS筋トレ』ダイエット効果があるのはどっち??

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ

お元気ですか!
コード@ねーむです。

 

ペン吉
ねえねえコード。ぼく最近太っちゃって、そもそもダイエットに効果があるのは、有酸素運動と筋トレはどっちが効果があるの??

 

お、お、おぬし、まさか恋をしたな?まぁいい。教えてしんぜよう。
コード@ね~む

 

 

「なぜだーーーーー!!」
「なぜ??運動しているのに、痩せない!!」

 

こんな悩みを抱えていた僕はありとあらゆるダイエットを試みて見ました。

 

3時間サイクリングしてみたり、1時間ジョギングしてみたり、筋トレしてみたり、
食事を変えて見たり、運動する時間帯を変えてみたり、食事を取る時間帯を変えてみたり。

 

実際に色々なダイエット方法を試してみて、74Kg⇒61Kgまで痩せた僕の経験を元にお話ししたいと思います。

 

【どんな方に記事を読むメリットがあるの?】

・ジョギングを習慣化して痩せたのにジョギングを辞めた後にリバウンドしている方。

・糖質制限後にリバウンドした方。

・筋トレを定期的に行っても痩せない方

・ある程度痩せたけど、なかなか体重が減らない方

 

「そんな悩みを抱えいる、あなた!!あきらめるのは、まだ早い!!」

 

「最後まで・・・希望を捨てちゃいかん。諦めたらそこで試合終了だよ」

 

「ホ―ッホッホッホッホ。」

 

「安西先生---!!バスケが・・・・したいです!!」

 

はい。すみません。

悪ノリして大好きなスラムダンク1シーンを再現してしまいました(笑)

 

そうそう。ダイエットの話でしたね。

では早速、本題に入っていこうと思います。

 

ダイエットは有酸素運動+筋トレをした方が良い理由

 

先程もお伝えしましたが、僕はありとあらゆるダイエット方法を経験しました。

でも、すべて単品メニューで取り組んでいたのです。

 

【例えば】

・ジョギングだけ

・筋トレだけ

・食事管理だけ

・サプリメントだけ

 

 

結論を言うと「だけ」のダイエットは成功しませんでした。

 

多少、痩せる事は出来ても、自分が理想とする「ゴール」まで、ほど遠かったのですが、
色々なダイエットの本を読んでいて、共通していたのが、筋トレの後に有酸素運動を行うと痩せやすいと書いていたので、私コード@ね~むは試してみました。

 

すると、痩せるではありませんか。
今まで、突破出来なかった体脂肪率を突破しているではありませんか。

 

 

ナゼ??筋トレの後の有酸素運動は痩せるのか?

 

気になりませんか?

単品メニューではありますが、ジョギングも筋トレもしていた僕が痩せなかったんのに、
「合わせ技」を使うことによって、ダイエットに成功した理由を。

 

僕はなぜ、ダイエットに成功出来たのかが気になって調べました。

 

すると、興味深いことが分かったのです。

 

筋トレをすると成長ホルモンが体内で分泌しやすい状態になります。

そして、成長ホルモンが分泌されると脂肪燃焼を促したり、筋肉を成長させる働きがあります。
効率良く分泌されていれば、成長ホルモンの働きにより脂肪が燃えやすい状態になるのです。

筋トレ後に成長ホルモンを出し脂肪が燃えやすい環境を整え、有酸素運動を行うと脂肪が燃焼しやすくなるのです。

 

「一定期間だけで良いので、筋トレ後に有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、サイクリング)などを試してみてはいかがですか?」

 

僕は何度もこのやり方でダイエットに成功したので、自信を持っておススメ出来ますよ。

 

 有酸素運動だけではリバウンドしやすい

 

短期的限定のダイエットであれば、有酸素運動はおススメします。

 

しかし、長期的なダイエットを目指すのであれば、有酸素運動のみのダイエット方法はあまりオススメ出来ません。

 

理由は2つあります。

 

➀有酸素運動は生活スタイルに取り込み習慣化しなければ、体型の維持が難しいくなる。

 

短期的に有酸素運動で痩せて、やめた途端にリバウンドした人など見た事ありませんか?
そんな方が僕のまわりにはいっぱいいます。

 

有酸素運動はやり続けなければ、体型の維持が難しいのです。

 

➁有酸素運動ばかりしているとストレスホルモンが分泌(コルチゾールホルモン)され脂肪と一緒に筋肉まで落ちてしまうのです。

脂肪だけ落ちるのはうれしいですが、筋肉まで落ちてしまうと非常にマズイです。

筋肉は基礎代謝を上げて脂肪を燃焼してくれる働きをしてくれるので、筋肉が落ちると基礎代謝までが落ちてしまうのです。

 

基礎代謝が落ちれば、寝ている間も起きて行動している間もカロリーが消費しにくくなるのです。

 

カロリーを消費してくれる筋肉までなくなってしまうのは、もったいないですね?

 

ダイエットをする中で基礎代謝が落ちてしまうのは致命的な事です。
だからこそ、ダイエットでリバウンドしてしまう人が多いのは納得出来ますね。

 

有酸素運動は最低20分間しよう

 

少なくとも脂肪を燃焼させたいのであれば有酸素運動の時間を最低20分間は行う事!
有酸素運動を行うと内臓脂肪、皮下脂肪の順番に脂肪達が燃焼されていくのです。

 

有酸素運動を40分以上するのはやめておこう

 

先程、有酸素運動は脂肪を燃焼しやすいと言いましたが、有酸素運動を40分以上行う事はやめた方が良いです!!

 

なぜ?

 

有酸素運動を長時間行うとコルチゾールホルモン、俗に言うストレスホルモンが分泌されるので、脂肪だけ落ちるのではなく、大切な大切な筋肉まで落ちてしまうのです。

 

ストレッチは100%行うこと。

 

ダイエットと少し話が離れてしまいますが、ダイエットに挑戦する上で運動は欠かせません。

運動をしてケガをしてしまうと、ダイエットも断念しないといけなくなるので、運動とストレッチは切っても切れない関係なのです。

 

理由は3つあります。

 

➀ パフォーマンスを飛躍的に上げる

僕は、いつも同じ時間帯に同じコースを30分間だけジョギングを行っていますが、
ストレッチをして走った場合とストレッチをせずに走った場合は、「タイム」が5分程度変わります。

➁ 運動が楽しくなる

ストレッチをせずに運動をした場合は身体がきつくて、運動することがイヤになります。
その点、しっかりストレッチしておけば、身体が軽いので、楽しく運動が出来ます。

③ ケガの予防

何と言ってもストレッチの最大の目的は「ケガの予防」だと思っています。

僕の周りにはストレッチをせずに運動をしたことでケガをして、走れなくなった方や、筋トレが出来なくなった方がいます。

そんな僕も筋トレ中にケガをして、1年間ぐらい筋トレが出来なくなりました。
幸い、僕は軽傷だったので、短期間で済みましたが、ヒドイ方は一生運動が出来なくなる方も多いようです。

 

ストレッチは面倒に感じるかも知れませんが、絶対に行った方が良いです。

 

かなりの「時間」と「お金」が掛かる結果になってしまうので、僕と同じような想いをしてほしくないので、経験者は語りました。

 

有酸素運動を行った方が良い時間帯

 

僕は有酸素運動を朝一番に行うことにより、ダイエットに拍車が掛かりました。

 

朝一番に代謝を上げると、カロリーを消費出来る時間が長くなります。
一方で、夜寝る前とかに有酸素運動をして基礎代謝を上げても、そのあと寝てしまうので、
基礎代謝は一気に下がってしまいます。

 

なので、有酸素運動は朝一番にした方が良いです。

 

有酸素運動は空腹時がおススメ

この意見には賛否両論あります。

 

食事を取ってから運動をした方が良いと考える人と食事をする前に運動した方が良いと考える人と意見は分かれます。

 

どちらが効果があるか分からなかったので、わたくしコード@ね~むは、どちらがダイエットに良いか試してみることにしました。

 

結果的には、食事を取る前に運動をした方が、断然痩せました。

 

【理由】

ご飯を食べた後はしばらくの間、身体の中に糖分がある状態になります。
僕の大好きな「米」や「麺類」は炭水化物なので、身体の中で、「糖」に変換されます。

※分かりやすく、車で例えるなら、「糖」は「ガソリン」のようなイメージを持ってもらうと分かりやすいと思います。

運動をするうえで「エネルギー」が必要なので身体の中にある「糖」を使ってエネルギーを出そうとします。

しかし、身体に「糖」がなければ、エネルギーが出ません。
夜、食事をして何時間も寝た後は身体に「糖」がなくなってしまいます。

身体に「糖」が無い状態で運動すると身体は「ガソリン」を求めるのです。

ココがポイントです!!

そして、身体は貯まっている、我らが敵「脂肪」を分解して「糖」に変えてエネルギーとして使うのです。

もう一度言います。

贅肉「脂肪」をエネルギーとして使い消費するのです。

だから僕は空腹時に運動した方が、断然痩せたのです。

 

タンパク質の補給もしっかり取る

 

空腹時に運動をすると「脂肪」をエネルギーに変えるメリットもありますが、
デメリットもあります。

それは「脂肪」と一緒に「筋肉」も分解して
しまうのです。

「筋肉」の分解を防ぐ為に「タンパク質」プロテインをしっかり摂取して運動に取り組みましょう。

 

ボディビルダーやフィジーカーが愛用されているゴールドスタンダードがおススメ。

味は美味しいし、プロテインの量に比べて値段が安い!!

 

 

朝一番に運動した方が良い、もう一つの理由

 

朝運動することで、1日の基礎代謝は10%もアップするという研究結果もあります。

夜に運動して代謝がアップしていくのと、朝から身体が活動モードなのでは、当然1日の基礎代謝量に違いが出てきますよね?

 

なので、朝一番の運動がダイエットには効果的なのです。

 

ちなみに、コード@ね~むは夜にジョギングをしていたのですが、朝ジョギングをするようになって、色々な人に「痩せた?」とか「何して痩せたんですか?」って言われるようになりました。

 

糖質は敵でなない。

 

ダイエットの敵として扱いを受けているのが「糖質」なのは色々なメディアで取り上げられていますね。

糖質カットダイエットは今や当たり前に取り入れられています。

しかし、危険な側面があります。

長い間、「糖質」をカットし続けたあと、たまーーーに「糖質」を体内に入れると
身体は「糖質」を「脂肪」として貯めこもうとします。

こんなイメージです。

「やったーーーー!!久々の糖質やーーーー!!これは、いっぱい脂肪として蓄えておかんな。また当分の間は糖質はもらえんぞ――!!」

 

こんな感じで、身体は生命を維持する為に「糖質」を「脂肪」にして蓄えようと働きます。

なので、むやみやたらに「糖質」制限をしてもダイエットに成功しません。

 

もちろん、短期的にはダイエットに成功しますが、長期的な視点で見るとダイエットに失敗します。

ちなみに僕の周りにいる方で「糖質」カットでダイエットに成功した人は100%リバウンドしました・・・。

リバウンドだけなら、まだ良いのですが、元の体重より増えて更に太った人の方が圧倒的に多いです。

何よりも「糖質」には大事な役割があります。

それは、栄養素をスムーズに運ぶのです。

分かりやすく言うと、「栄養素」は歩いているぐらいの速さで細胞に流れているとしたら、「糖質」を加える事で、バイクに乗っているぐらい早く、よりたくさん他の栄養素を細胞に運んでくれるのです。

 

バルク期のボディビルダーやフィジーカーの方々達が筋トレ後に「プロテイン」と「糖質」を積極的に取り入れるのもうなずけますね。

 

※大会前などは別だと思いますが・・・。

 

ビック3を中心に鍛える

 

ビック3を中心に鍛えると消費カロリーが増えます。

ビック3は人間の筋肉が占める割合が高い筋肉の部位です。

ビック3の筋肉】

➀ 下半身
➁ 背中
③ 胸

 

大きい部位の筋肉を鍛えると成長ホルモンが出やすくなり、消費カロリーが格段に上がります。
だからこそ、ビック3を鍛えるべきなのです。

 

あっ!!

 

筋トレ+有酸素運動はビック3を鍛える事が条件です。

なぜなら、小さい筋肉を使っても、成長ホルモンが出にくいので、大きな筋肉を使って、
ガンガン成長ホルモンを出した後に有酸素運動をしましょう。

※成長ホルモンが分泌されると脂肪燃焼効果が上がるからです。

 

まとめ

 

では、まとめにはいります。

 

➀ ダイエットは有酸素運動+筋トレをした方が良い。
➁ 有酸素運動だけではリバウンドしやすい
③ 糖質は敵でなない。
④ ビック3を中心に鍛える

 

ダイエットは正しい方法で正しく継続しないとダイエットに失敗するどころか、
ダイエット前の体重より増えてしまいます。

 

努力しているのに体重が増えてしまうとやる気を失いますよね。

正しい知識を得てダイエットに取り組みましょう。

それでは、素敵なライフスタイルを。

成功率95.7%のダイエット指導【Plez】

 

ほとんどの人が知らない?? 30歳を過ぎると急に太る本当の8つの理由

続きを見る

-フィットネス
-

Copyright© コード@ね〜む blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.