仕事はデスク周りの片付けから

ビジネス

お元気ですか?

コード@ね~むです。

あなたの職場のデスクはキレイですか?


僕は、仕事が忙しくて、デスクを片づけるヒマなんてない!!

デスクが汚くても、営業成績は上げられるから大丈夫!!と意味の分からない理由を無理やりつけて、片づけきれない自分を正当化していました。

でも、デスクがキレイな人を見て、僕は内心は思ってました。

『いいな~~』
『何であんなにキッチリ整理整頓が出来るんだろう』
『オレもあんな風になりたい!!』

同じ職場で働く大局的な、二人の先輩がいました。
二人とも営業成績はよくはありませんでしたが彼らから多くの事を学びました。

【一人目はNさん】

Nさんは見た目は、さわやかでイケメンで、トップセールスマンぽい顔つきをしていました。

顔つきだけトップセールスマンですよ(笑)

中身は5流営業マンで酷いありさまでした。

Nさんはとにかく、書類を無くす。

クレームは多く、ウソが多く、いつも話がころころ変わる。
全く、職場の人から信頼されていませんでした。

バックやデスクは常に散らかっていて、
いつもデスクの周りをゴソゴソ書類を探していました。

【二人目は宮園さん】

宮園さんはNさんの後輩で、先程のNさんより営業成績が悪く、いつも悩んでいました。

宮園さんの人柄はとにかく真面目!!

努力家で、整理整頓が大好きで、いつもビジネス書をバックの中に入れて、勉強をしていました。

宮園さんは真面目で整理整頓をキッチリ出来る人だったので、Nさんみたいに書類を無くしたり、お客様からクレームが入ったり、全くありませんでした。

むしろ、お客様が増えるにつれて、宮園さんは多くのお客様から信用され、どんどん紹介を頂いて先輩であるNさんの営業成績を抜き、宮園さんが先に出世したのです。

自分も宮園さんのようになりたいと思い、僕は宮園さんから、片付けのいろはや片付けのメリットを聞き出しました。

デスクの状態がパフォーマンスを上げる

デスク周りが散らかっていると、仕事の下げてしまいます。
逆にデスク周りが整理整頓されていると仕事の効率を上げてくれるのです。

詳しく説明すると脳の状態を表します。

【頭の中=デスク周り】

デスク周りがゴチャゴチャしていると次第に、頭の中までゴチャゴチャしてきます。

【仕事の状態】

・余裕がない。
・忙しい。
・混乱している。

【デスクの状態】

・資料が散乱している。
・デスクの周りがゴチャゴチャしている。
・必要な物といらない物が混在している。

【頭の中の状態】

・問題を解決できない。
・頭の中が混乱している。
・仕事の優先順位を決められない。

 

月間に約11時間損をしている

ある会社の調査結果によると、片付けが出来ない人は、1日に平均30分の探し物をするそうです。

1日に30分×22日(業務日数)=660分(月間)

なんと!!

月間に11時間も探し物をしているではないですか!!

確かにそうでした。
僕が働いていた職場のNさんは毎日、探し物をしていました。

僕は客観的にNさんを見て思いました。

そんなに毎日毎日、大量な時間を使って探し物をするぐらいなら、
片付けをする時間にあてればいいのに!!


『・・・・・・・・・』

『!!!!!!!!!』

あ”!!オレもそうやん!!

Nさんほどヒドくないけど、オレにも人の事を言えないと思い、僕は毎日、
5分間片付けをする時間を取る事にしました。

すると驚くほど、業務が効率化され、仕事で探し物をする時間が大幅に減ったのです。

『探し物をする時間を片付けの時間へ』

片付けが出来ない人は仕事の優先順位が分からない

僕は片付けが出来る人達と片付けが出来ない人たちを見て、面白い共通点を見つける事が出来たのです。

それは『しわけ』です。

片付けの仕分けができる人は仕事の優先順位をつける事が上手いです。

逆に片付けや仕事の優先順位がつけれない人は『しわけ』が苦手です。

この書類は必要なのか?必要じゃないのか?の判断がつけづらいのです。

もしかしたら、使うかも知れない書類なので、取っておこう。
せっかく作った資料だからいずれ、書類を取っておこう。

こうな風に考え、書類や物がドンドン溜っていき、頭の中が混乱してしまいます。

あれもこれもいっぺんに片づけようとしてしまい、結局何も手につかない状態になってしまうのです。

しわけをする方法


人は客観的に物事をとらえると整理しやすい性質も持っています。

なので、物事を客観的にとらえ、『しわけ』するには紙に書き出して整理する習慣をつける事をおススメします。


【紙や手帳に書き出す内容】

(例)

・契約書の準備

・稟議書の作成

・契約処理

・商品の納品

・○○会社へ見積書を提出

・○○会社から書類を返却してもらう

・部下に案件の進捗確認

・会議資料の作成

どうですか?

少し『しわけ』がしやすくなりましたね。
更に必要な情報を付け足すのです。

それは、納期と優先順位です。

(例)

・優先順位⑤番 契約書の準備 (5日後に契約の為、3日以内に準備)

・優先順位②番 稟議書の作成 (役員が会議が明日の為、本日中に作成) 

・優先順位①番 契約処理   (本日が締め処理日の為、本日中に処理を行う) 

・優先順位③番 商品の納品  (本日中に納品を行う)

・優先順位④番 ○○会社へ見積書を提出 (10分で出来だから、本日行う)

・優先順位⑥番 ○○会社から書類を返却してもらう (返却期限が1カ月後なので、本日時間の余裕があれば返却依頼する)

・優先順位⑦番 部下に案件の進捗確認 (明後日、部下全員揃うので、終礼の時に案件を確認する)

・優先順位⑧番 会議資料の作成    (会議は2週間後なので、1週間以内に作成する)

え!!

こんな事を毎回するの?

めんどくさい!!そんな風に思った方、安心してください。

『しわけ』をするのは仕事に取り掛かる前の10分程度です。
10分で頭の中が整理され業務が整理され、ムダな時間を無くすことができるのですよ。

そして、何よりも、毎日毎日、この作業をしていると『しわけ』が得意になります。

『しわけ』が得意になるということは、片付けも得意になるのです。

仕事をしながら、片付けが得意になるのは、良くないですか?

収入を頂きながら、片付けが得意になるんですよ!!

サイコーじゃないですか!!

まとめ

いかがですか?

片付けが出来れば、多くの恩恵が受けれますよ。

・デスクの状態がパフォーマンスを上げる
・月間に約11時間損をしなくなる
・片付けが出来れば、仕事の優先順位がつけれる
・しわけをする方法を学べる

百聞は一見に如かず!!

職場、片付けが得意な人がいたら、片付け方法を学びましょう!!

近所に片付け方法を学ぶ人がいなければ、家事代行サービスなどおススメです。

片付けのプロ達から片付けの『イロハ』を学んだ方が、片付けのスキルをかなり学べると思います。

そして、お金を払っているので、快く片付けの『イロハ』を教えてくれるでしょう!!

【生活手帖】プロにお掃除を依頼して、本当のスッキリ!を体感してみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました