ライフスタイル

福岡県、外出自粛を要請。コロナ爆発的な感染を防ぐことは出来るか?

「コロナウイルス」この言葉を聞く日が一日でも早く終わる事を心から願う。

首都圏に比べて福岡県のコロナウイルス感染者数は圧倒的に少ない。

日本経済新聞が2020/3/27 22:15に発表した福岡県でコロナウイルスに
感染者数は計16人だ。

多くの人が疑問を持ち始めた。


果たしてこの数字は正確な数字だろうか。

日本経済新聞が出している情報なので情報が誤っている事は考えにくい。

私が疑問をもっている事を話をしたい、あくまで今から話すことは私個人の見解である。

福岡県内にもコロナの感染者数は潜在的にもっといるはず。


【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、
新型コロナウイルス感染症による死者が28日、世界全体で3万人を超えた事がわかった。


20日に1万人を超え、25日には倍増して2万人を上回った。

感染者も世界で65万人を超え、この波は食い止められなくなった。


話は少しそれるが、私が感染者数が少ないと思っているかの疑問に触れたいと思う。

それは、世界中から日本はコロナ感染者数が少ないと疑問を持たれている点だ。

ドイツのウィルトシャフツウオッへ誌が「日本のコロナの謎」という記事を出し、
ショッピングモールや飲食店などが通常営業しているにもかかわらず、感染者数が少ないのは謎だと主張している。

確かに、不信感が募るデータが出ている。

データベースによると、PCR検査数イタリア20万件、韓国30万件、日本は1万5000件しか検査が行われていないことからアメリカのメディアを始め、世界中から疑問を持たれはじめた。


アメリカ、イタリア、フランス、韓国、中国に比べて、日本だけが、公開しているデータ数のケタが一つ違うほどだ。コロナウイルスの感染者はアメリカは10万人、中国は8万人、イタリアが8.4万人、スペイン3.3万人、フランスが2.3万人、韓国1万人。

そして我国、日本は1300人程度だ。

日本は中国、韓国人の観光客は他国に比べ、圧倒的に多いが、1300人程度、
これは、疑問を持たれても仕方がないことかもしれない。

私の話になるが、実際にコロナウイルスの感染者数が日本で少ない時、2020年2月上旬に私は体調を崩し、病院へ行った。

病院では「武漢に行ったりしていませんか。」とマニュアル的に多くの患者に聞いてた。
もちろん、私も聞かれた。

医者からは「福岡県で感染者は1人しか出ていませんが、一応検査しておいた方が良いでしょう。」と言われ血液検査をされた。

その後10分程度で結果が出て、医者からは「まあ問題ないでしょう。」と言われ私は、肩をなでおろした。

しかし、その後に多くのメディアで言っていたのが、「コロナの感染確認は専用のキッド」でなければ調べられない事を私は知った。


私が行った病院は、コロナの検査が出来なかったのだ・・・。

思い返せば「正確にコロナ検査が出来るとは言われていない。しかし、検査した方がよいというニュアンスで言われ、血液検査をすすめられた。」

正確に言うと、コロナの検査が出来ないにも関わらず、検査を行ったような言い回しをされたのだ。

病院を攻める気はない、私のコロナに対する知識不足がいけないと思うことにしよう。

なぜ?病院はコロナの検査をしたような言い回しをしたのかが気になって、知人や友人にも聞いてみた。

すると・・・。

おどろくことが分かった。

私の友人、知人も違う病院で、同じような事を言われたのだ。

ここからは私の仮説になるが、日本はコロナウイルスに対して、万全の体制が整っていない。

少しニュース思い出してほしい・・・。

コロナウイルス感染者が出たのは、超大手企業の社員か年配者と偏りが出ていた。

大手企業の社員や年配者、例えばトヨタ自動社などは、社内体制がしっかり整備されているので、発熱時のフローがしっかり出来ているし、年配の方もコロナが原因で、死ぬ確率が上がると分かっている人は積極的にPCR検査を受けるだろう。

一方、個人病院などは、なるべくコロナウイルスの感染者を自分が経営する病院からコロナウイルス感染者を出したくないはずだ。

理由は自分が経営する病院からコロナウイルス感染者が出たなどメディアで報道された日には、数カ月間、患者が来院しないだろう。そうなると、病院も利益が確保できなくなる。

なので、病院側も「是が非でも」コロナ感染者をおおやけに出したくないと私は推測している。

なぜ感染者は増えているのか?


コロナウイルスの潜伏期間は10日~2週間程度と言われている。

日本はオリンピック延期が決定した瞬間から、コロナウイルス感染者数が急激に増え出した。

この報道には非常に疑問を抱いてしまう。

メディアでは、3月の3連休で気がゆるみ感染拡大が引き金となったと言われているが、計算が合わない。3連休が原因であれば潜伏期間を考えると、4月の上旬ぐらい感染者数が増えるはずだ。


オリンピック延期が決定する前は、何としてでも、コロナ感染者数が少ない状態でいる事が望ましかった。


しかし、オリンピック延期が決定した今、コロナ感染者数の実数値を公表していくと考えている。


感染者が増えているのも事実だか、潜在的な感染者も明らかになっていだろう。

コロナ終息はいつまで続くのか?

トランプ大統領はコロナウイルスの終息は2020年7月~2020年8月頃まで続くのではないかと仮説を立て、メディアに発表した。


日本のメディアでは当初、3月~4月ぐらいに終息していくのではないかと言われていた。

それは、インフルエンザのようなウイルスと同じと考えられていたからかもしれない。
インフルエンザなどのウイルスは乾燥する時期に流行し、春になるつれて終息していく。

コロナも同じような傾向で終息を迎えると仮説を立てられたのであろう。

しかし、実際は違った。

アフリカ大陸のような温かい地域でも感染が広がり始めた。
トランプ大統領もあらゆるデータを見て、専門家の意見を考慮し、
コロナ終息時期は2020年7月~8月だと発表しているのだろう。

自分の身は自分で守るしかない

いろいろと私個人の見解を述べさせていただいたが、政府を批判しているのではない。

私が声を大にして述べたいことは「想像以上にコロナ感染者がいるので、感染予防意識を高く保ち続けなけらばならない」ということだ。

一人の甘い考えで、何人もの尊い命が危険にさらされる。

このような最悪の事態で我々が出来ることは予防しかない。

運動をし基礎体力を上げて、しっかり栄養が取れる食事をすることや睡眠時間の確保。

栄養や睡眠時間が減ると免疫が落ち、感染するリスクを高めてしまう。

それに、うがいと手洗い、除菌を徹底し、マスクを着用する事。
マスクがなければ、自分でマスクを作る方法がネットに記載されている。

専門家の間では、麻黄湯や葛根湯が身体の体温を上げることにより、
ウイルスに対抗する免疫を強化してくれるとのことで、麻黄湯や葛根湯を
飲んでいる人が増えているようだ。

【第2類医薬品】ツムラ漢方葛根湯エキス顆粒A 16包

【第2類医薬品】ツムラ漢方麻黄湯エキス顆粒 8包

 

ちなみに私は、予防のために葛根湯を飲んでいる。

最後に

私が生きてきて、このような強大なウイルス感染は初めて見た、
歴史を振り返っても、このようなこと珍しい。

今後、コロナウイルス感染者拡大と終息時期はそう近くはないと捉え、
予防対策をしていくことが先決だど思っている。

一日も早く、この悪夢が終わる日を心より祈る。

-ライフスタイル

Copyright© コード@ね〜む blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.