退職を言い出せないアナタへ!!

ビジネス

みなさん。
お元気ですか。

コード@ね~むです。

最近は退職を言い出せない環境が増えていて、
退職を言い出しにくい人が増えているようですね。


僕は過去に数多く転職を繰り返してきました。
と言うことは、数多く退職を切り出してきたワケです。

今では管理職になり、退職を切り出される側になってしまいましたが(笑)

今現在、退職に関する悩みが年々、増加しているみたいですね。
僕の経験が、あなたの役に立てる事を願って、退職にまつわる話をしたいと思います。

退職は複雑な状況が絡み合って難しく考えてしまうので、客観的かつシンプルに戦略を練る為に紙とペンを用意しましょう!!

準備は良いですか?

Are you ready?

OK!!

退職を言い出せない理由

退職を言い出せない人は何かしらの理由があります。

・上司が怖い
・上司にお世話になった。
・人手が足りていないから
・強引に引き止められそうだから
・同僚に白い目で見られそう
・家族に止められそう
・お客様に迷惑が掛かる
・なんとなく気まずい

いかがですか?

上記のどれかに当てはまりますか?
もう一度言いますが、退職を客観的かつシンプルに考える為に紙とペンを用意しましょう!!

退職するべきなのか?


では、ここから自問自答がしてみて下さい。

あなたは、今の職場で一生働きたいですか?または一生働いても良いと思いますか?

はい ・ いいえ

カンタンな話ですが、ここで、いいえに〇が付く人は退職をした方が良いと僕は考えます。

もちろん、家庭環境や家族の事、色々な状況を加味しても僕は退職します。
何度も何度も自問自答しましたが、やっぱり上記のように気持ちが固まっていたら退職するでしょう。

理由は今の状態で働いても、人生の時間が勿体ないからです。

年を重ねるほど、転職のチャンスは確実に減ります!!

僕が退職を言い出せた理由

上司や同僚はあなたの人生に責任を取らない

当たり前の話ですが、上司や同僚はあなたの人生やあなたの家族に責任を取りません。にも拘わらず、無責任に退職を止めてくる人もいます。

もちろん本当にあなたの事を心配して退職を止める人もいますが大半は悪気がないにしろ、無責任に止めてくる人が多いです。

そんな人たちに振り回されて何か良い事があるのでしょうか?

僕はないと感じますし、振り回されれば振り回されるほど、あなたやあなたの家族を不幸せにしてしまう可能性があります。

僕は一度、面白半分、無責任に退職を止めてくる同僚にこんな事を言いました。

『お前はオレの人生に責任を取れんのか?』

この問いに同僚は言葉を失い顔が引きつり、自分の無責任さに対して反省した様子でした。

あなたの人生を歩むのは上司や同僚ではありません!!
あなたなのです!!

人手が足りないのは経営者の力量不足

自分が退職すると残された人たちが自分のせいで、仕事が回らなくなると責任を感じていませんか?
大丈夫です!!人手が足りないのはあなたの責任ではなく、経営者の責任だからです。


ちなみに僕は大幅な人手不足を経験しました。
今まで、10人で回していた営業所が、たったの3人になってしまったのです。

僕が営業所の責任者になる前に10人⇒3人になり、その後、僕は営業所の責任者になってしまったのです。

なぜ社員が辞めていったのか?

会社に対する不満や経営者の方針転換(もはや迷子状態)、サービス残業、将来性がない、などなど。

多くの取引先、お客様を抱えている会社だったので、急な人員不足は大きな亀裂が生じたのです。
クレームの嵐、不祥事、問題、納期遅れの連続。


もう組織として機能していない状態でした。

誰が悪いのでしょうか?


明るい未来を目指して次のステージに行く為に退職した人たちでしょうか??

そうは全く思いません。
僕は会社に原因があると思います。

人手が足りないのは、あなたのせいではありません。
『経営者の力量不足』なのです。

魅力的な会社ではないから人が来ないのです。
魅力的な会社ではないから人が辞めていくのです。
魅力的な会社ではないから利益を出せないのです。

どうですか?

あなたが責任を感じる必要は全くありません。
胸を張って、堂々とあなたの人生を歩む選択をしましょう!!

 家族から引き止められている

家族から引き止められている場合はしっかり、話合いが必要ですね。
家族はあなたの事を一番心配してくれている大切な人です。

なぜ、退職を引き止めるのか?

しっかり、理由を聞きましょう。
そして、あなたの退職したい理由を説明し家族が思う不安が解消出来るように、ノートにまとめましょう(お互い客観的に判断する為に)

同僚に白い目で見られる?

退職となると、良く思わない人たちも出てくるでしょう。
しかし、人生は選択の連続体、選択や行動をしなければ進みません。

同僚の目を気にして行動に移さないのか、自分の人生自分で道を切り開くか?

どちらの選択があなたにとって良い選択かは言うまでもないでしょう。

言い出しにくい時は?

言い出しにくい時は休みの前の日をおススメします。
僕なら金曜日の夕方などに、辞表を上司のところにもっていきます。

なぜ?金曜日の夕方かと言うと、次の日が休みなので、半分オフモードに入っている人が多いからです。

休みの前の日や大型連休前に不機嫌な人はあまり見かけませんよね。

休みの前の日など、世間全体がプラスの気分になっている事が多いのです。


人間は少なからず、影響を受ける生き物なので、このような絶交のタイミングに悪い話をしましょう。

ようするに、上司が機嫌がよさそうな時や疲れ果てているタイミングを見計らって、どさくさに紛れて退職を申し出るのです(笑)

おまけに退職の話をする日を決めた日に友人と飲みの約束でもすると気分はもっと楽になり、行動を移しやすくなるでしょう。

そして退職を言い出した暁には、自分へご褒美をする事も良いです。
退職を言う事を決断できず、時間だけ浪費するのは勿体ないですから、今言うのも、1年後に言うのも掛かる労力もセリフも
さほど変わらないでしょう。

だったら、思い立ったが吉日!!

即行動が吉です。

最後に

このページを見てれているということは少なからず、
退職を考えているのだと思います。

退職するにしろ、退職を思いとどまるにしろ、
胸を張って言えるかが大事だと思います。

僕は退職します!!
なぜなら○○だからです。

僕は退職を思いとどまります!!
なぜなら○○だからです。

いずれにしろ、自分で納得出来るかが重要なポイントです。

一番良くないのは、後ろ向きに迷うことと行動出来ない事です。
前向きに悩み、自分が納得出来たら、あとは行動するのみです。

この記事があなたの背中を押せるような記事であれば幸いです。

素晴らしい人生の一歩を踏み出そう!!

『千里の道も一歩から』

GO!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました