ライフスタイル

楽天とテンセントを日米が共同で監視へ 中国への情報流出を防ぐ

日米両政府が、経済安全保障の観点から楽天グループを共同で監視する方針を固めたことが分かった」と報じた。

 

なぜ?日本とアメリカが楽天グループを厳しく監視するのか?

 

このあたりにフォーカスして話を進めたいと思います。

 

日本を代表するプラットフォームを楽天グループが、中国最大手企業のテンセントが楽天グループに出資するという話がキッカケになりました。

 

テンセントとうい会社は名前を聞いてもピンと来ないかもしれないですけど有名なアプリ言う「WeChat」です。

 

あるいはこの会社は上場しておりまして、世界最大のゲーム会社でありソーシャルネットワークサービス社であり、インターネット関連のやってるサービスに強い企業です。

 

楽天とテンセントが日米から監視される?

 

 

本日のニュースは楽天グループからテンセントグループを経由して中国へ日本国の情報流出を懸念して日本とアメリカが経済安全保障の観点から楽天グループとテンセントを監視する方針を固めました。

 

日本政府は楽天から定期的に聞き取り調査を行い米当局と内容共有することで中国への情報流出のリスク回避をする方針を掲げたのです。

 

すると個日本国内で様々な意見がありました。

 

「楽天グループが日米政府から見られるほどの危険な会社だとは知らなかった。楽天との付き合い方を考えます。」

 

「中国企業の資本を受ける事はこういったリスクが伴うことを理解しなければなりません。」

 

「楽天カードも考えもですね。早めに他社に切り替えたい思います。」

 

などなど。

 

楽天グループが悪いことを行ったかのようなコメントがネットに書かれていました。

個人的な意見ですが、上記のようなコメントはとても短絡的だと思っていますし、楽天グループが原因で監視強化になったのではなく、中国政府の今までの「あり方」が原因でこのような監視対象になったのだと思っています。

 

 

楽天の狙いは壮大だった

 

 

楽天グループは販路拡大の戦略として日本企業が出来なかったことをテンセントのネットワークを使い、事業を拡大を試みていました。

 

この狙いは非常に興味深く、もし楽天がこの戦略を抑えることが出来れば、一気に中国へ日本企業の商品が流通する「しくみ」を作ることが出来たのです。

 

テンセントの狙い

 

 

テンセントは任天堂のようなゲームを提供しながら、LINE Facebookに近いサービスで提供している大企業です。

 

当社の売り上げは日本にすると22.1兆円です。

 

ちなみに日本最大の時価総額のトヨタ自動車は18兆円なので、テンセントの巨大さが分かると思います。

 

さらに、テンセントはコミニケーションプラットフォームが3つあります。

1つ目はメッセージサービスの供給。

2つ目はモバイル向けSNS通話機能を提供する「WeChat」。

3つ目はゲーム事業その圧倒的なシェアを誇り、代表作は「PUPG」「コールオブビューティー」

 

テンセントが楽天との提携の狙いは楽天が保有している情報ではないかと国は懸念されています。

 

楽天グループは国内最大のインターネットショッピングサイトを運営して今回、テンセント提携を結んで狙いは日本の国民の情報を流秋情報を収集できることを目的としているのではないかと米国と日本はにらんでいるので、今回、日本とアメリカで楽天グループとテンセントグループを監視対象として強化する方針を固めたのです。

 

まとめ

 

楽天グループの主張としては、テンセントグループの出資出資率は4%未満のため筆頭株主ではないため、情報の流出はないと主張してます。

 

しかし、日本と米国は情報流出の懸念の観点から、今回監視対象の強化を計ったのです。

 

日本政府と米国が主張するように、テンセントグループの狙いは日本国民の情報を入手するための出資と考えれば今回の楽天グループへの出資が合点がいくと専門家は言っています。

 

とにもかくにも、この2社は多くの確信的な戦略をとってきたので、今後の動向に注目した方がよい企業と言えるでしょう。

 

 


-ライフスタイル

Copyright© コード@ね〜む blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.